スポンサーリンク

伊藤詩織がはすみとしこを提訴した理由や原因となったTwitterのイラストは?

スポンサーリンク
報道
スポンサーリンク

自信が受けたとする性暴力被害を公表し話題となったジャーナリスト伊藤詩織さんが、Twitterに伊藤詩織さんを誹謗中傷するイラストを載せたとする漫画家はすみとしこさんおよびそのツイートをリツイートした男性2人を名誉棄損で提訴しました。

出典:Twitter

以前からこのような「セカンドレイプ」(性暴力被害者に対して「被害者にも責任はある」等と誹謗中傷すること)に対して法的処置を取ると公言していた伊藤詩織さんですが、今回提訴に至ったということで、提訴に至った理由や提訴の原因になったツイートやイラストなど詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊藤詩織がはすみとしこ提訴に至った理由は?

伊藤詩織さんは今回の提訴ではすみとしこさんら3人に対し、損害賠償やツイートの削除、そして謝罪を求めています。

伊藤詩織さんがはすみとしこさんを提訴するに至った理由ですが、提訴の背景には自信と同じようにセカンドレイプにあった高校生との対話や、テラスハウス出演中にSNSでの誹謗中傷を受けていた木村花さんの死去があったようです。

伊藤さんの心を動かしたのは、痴漢被害に遭ったという高校生との対話だった。その高校生は、痴漢被害者に対するネットの中傷コメントを見たことで、親にも自身の被害を言い出せなかった。

「『詩織さんへのコメントを見たら、セカンドレイプ的な発言が多く傷ついた。このような言葉を無くすにはどうしたらいいのでしょう?』と言われて。その時から『もし私と同じような性暴力被害者が、あの書き込みを見たら』と考えるようになりました。自分が見なければ良い、という問題ではないと気づいたんです」

伊藤さんがこうしたSNS上での誹謗中傷、攻撃に対して法的措置を取るために具体的に動き出したのは、2020年1月ごろ。いよいよ提訴に踏み切ろうというタイミングの5月に、木村花さんの死を知った。

「ちょうど木村花さんが亡くなる少し前に自分も、『ああ、もうダメかもしれない』と感じてしまったことがあって……。あのニュースはすごくショックだったし、私にとって他人事ではない、と思いました」

引用:Yahoo!ニュース

伊藤詩織さんは木村花さんの死去を受け、アクションを起こさなければと思い、急ぎ足で訴訟をスタートすることにしたそう。

対話した高校生を始めとする性暴力被害者と木村花さんが重なったのでしょうね。ネット上で心無い誹謗中傷が多く見受けられるのは、やはり顔が見えず匿名で行える点にあるでしょう。

ネット上の誹謗中傷が原因で人が死んでも、人を死に追いやったという罪の意識は薄く、ネット上の誹謗中傷は簡単になくせるものではないのだと思います。

しかしSNSでの誹謗中傷が非常に深刻な社会問題となっている今、今回の伊藤詩織さんの起こした提訴は、SNSでの誹謗中傷を無くす一歩となることを願うばかりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊藤詩織がはすみとしこを提訴する原因となったTwitterのイラストは?

伊藤詩織さんは自信を誹謗中傷するはすみとしこさんの投稿の削除を求めていますが、そのTwitterの投稿やイラストはどういったものなのでしょうか。

はすみとしこさんのTwitterから原因となったはイラストを見つけることができました。

提訴されたイラストに関するツイートは削除されているかなと思いましたが、、、削除する意向はないのですね。

実際の人物や団体とは関係がないと言いますが、明らかに伊藤詩織さんを示唆するものですよね。SNSでの誹謗中傷が社会問題化している今、なぜここまで強気でいられるのか不思議です。

また、はすみとしこさんのTwitterのヘッダー画像が変更されていたのですが、変更後のヘッダー画像はなんと提訴された原因となっているイラストでした、、、変更されたのは提訴の報道後、以下のツイートを受けてのことです。

伊藤詩織さんを示唆するイラストはあくまでもフィクションだと白を切るつもりなのかもしれませんが、私には伊藤詩織さんへの挑発としか受け取れません。

提訴されているにもかかわらず悪びれた様子もないのですね。

正直この行動ではすみとしこさんを擁護する人は減ってしまうのではないかなと思います。はすみとしこさんはそんなことを気にするような方ではなさそうですけどね。(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊藤詩織がはすみとしこ提訴の理由や原因となったTwitterイラストまとめ

以上、ジャーナリスト伊藤詩織さんが漫画家はすみとしこさんを提訴するに至った理由や、提訴の原因となったTwitterのイラストについてでした。

伊藤詩織さんがはすみとしこさんを提訴した背景には、自信と同様のセカンドレイプのような経験をした高校生との対話や、SNSでの誹謗中傷ををうけていた木村花さん死去がありました。

また提訴の原因となったイラストは削除されずにTwitterに残っており、はすみとしこさんには削除の意志はありません。

さらにははすみとしこさんのTwitterのヘッダー画像が提訴の原因となったイラストに変更されており、あくまでフィクションの風刺画だというはすみとしこさんの主張のあらわれだと思われます。

SNSでの誹謗中傷は、木村花さんの一件で大きく取り沙汰され、その渦中での今回の提訴は、難しい社会問題に切り込む大きな一歩となりそうですね。

裁判の結末にも要注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました